子どもたちにバスケ環境を!−くらちゃんカップ

Pocket

今日は、くらちゃんカップが開催されました。
柏のまちなかにリングを建て、子どもたちが気軽にバスケできる環境を整えるためのチャリティー大会です。

東京オリンピックで3×3バスケットボールの追加採用が決定しています。
屋内外を問わず、ストリートの競技でもあります。

渋谷のまちでは、ストリートでのバスケットボール大会が開かれ、注目されています。
柏の公園やまちなかでもバスケットボールが楽しめる場所を作りたいと、私もお手伝いさせてもらっています。

柏まちなかカレッジの活動は、校舎がなくてもまち全体が学校と見立て活動きてきました。
バスケットボールも、体育館のコートだけでなく、まち全体がコートとして、おじさんおばさんも子どもたちも、同じ場を共有し、バスケットボールを通して様々なことを学び、地域のバスケットボール文化を深めていけたらと思います。

柏くらちゃんカップは、バスケットを通して、子どもたちが豊かに育つ環境を築いていくための大会です。
関係者の皆様、運営など諸々ありがとうございます。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)