これからの図書館のあり方を求めて-塩尻市立図書館

Pocket

「Library of the Year 2015」優秀賞を受賞された塩尻市立図書館を、昨年末に訪問しました。あらためてブログにレポートをまとめたいと思いますが、簡単にご報告致します。

◆まちづくりの拠点
たとえば、特産品のワインにまつわる本だけでなく、ワインそのものを紹介するコーナー。地元サッカークラブの応援情報コーナー。就職活動や採用、起業、ビジネス情報など商工会議所との協働での情報発信など。
本を読むだけの図書館ではなく、本や情報やネットワークを通して、まちづくりや地域活性の原動力となるような図書館が求められていると感じました。45335_1269041733111895_5926733500669190889_n

◆用途を固定しない
たとえば、雑誌専用棚ではなく、他と同じ規格の本棚に雑誌を並べる。椅子や机は可動式。廊下が広く、イベントや展示、打ち合わせなど様々な用途に活用でき、市民の居場所にもなっている。
CDコーナーもなく、本と一緒に並べられている。たとえば、落語の本の横にCDやDVDが並べられている。
雑誌購読予算も永久に続くものでもないので、このような方針は大切だと思いました。1005515_1269041746445227_7623003595563263279_n

◆複合施設
保育施設、市民活動センター、商工会議所などとの複合施設えんぱーく。同居しているだけでなく、人の流れを意識し、他の機関とも連携し、これまで図書館に関わりのなかった市民に働きかける。図書館自体は3分の1のスペースなので、施設全体を活用できると3倍の機能を備えた図書館となる。1935438_1269041766445225_8133466929262846782_n

◆設立の経緯
ハコモノ不要論と新しい図書館への抵抗という流れが重なり図書館建設反対運動が起こった。反対派との対話を重ね、市長のリーダシップのもと今の図書館が生まれた。

簡単なメモしか残せませんが、あらためて文章にまとめます。本当は、もっと奥深い図書館なんです。
ゆっくりと塩尻図書館での時間を過ごしてみたいです。

ご案内頂きました伊東館長やO司書、本当にありがとうございました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)