おクジラさま−柏まちなか映画館で社会課題を学び合う

Pocket

柏まちなか映画館で「おクジラさま ふたつの正義の物語」を鑑賞しました。

日本がIWC=国際捕鯨委員会の脱退と商業捕鯨再開を表明し、私たちも考えなければならない課題です。

「グローバル対ローカル」の構図で、地域としての情報発信力・コミュニケーション力について考えさせられました。

対話しにくい問題でも、映画を観れば語り合うことができます。この柏まちなか映画館の取り組みは、私たちの視野を広げてくれます。

15年くらい前、歴史仲間と二人で和歌山県太地町を巡検したことを思い出しました。当時もシーシェパードのニュースがあり、繊細な時期でした。
神社や灯明台に登ったり、スーパーにクジラ肉が売られているのを見たりしていたことを覚えています。
写真を失ってしまい、残念です。

明日は、柏まちなか映画館一般公開で、「バレンタイン一揆」を上映します。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)